結婚式の大人ドレスワンピースレンタルはオトナドレス

OTONA DRESS > コラム > ブログ > 抑えておきたい!40代女性の結婚式パーティードレスの選び方

ドレスブログ

2021.06.10

抑えておきたい!40代女性の結婚式パーティードレスの選び方

抑えておきたい!40代女性の結婚式パーティードレスの選び方


久々に結婚式に参列することに!
家にあるドレスを引っ張り出してみたものの、若いころに着ていたものは、40代ではなかなか着づらい。
年齢にも変化がありますが、体型にも変化を感じていたところ。
年齢に合わせて、落ち着いたドレスを選ぶべきかなと思いつつ結婚式というお祝いの場なので、華やかなドレスの方がいいかな、、、と色々考えてしまいますよね。
40代にふさわさしい大人らしさ、体系カバーのポイント、地味になりすぎないよう華やかさを取り入れるポイントなどを
ご紹介させて頂きます。


ここは抑えたい!40代女性におすすめのパーティードレス




パーティードレスといっても、色、デザイン、素材など沢山の種類があり、選ぶのが楽しくなる半面、
40代での結婚式の参列は、少ない機会だからこそ、どのようなドレスを選べばいいのか悩んでしまうほどです。
色やトレンドを重視し、可愛いドレスを数多く選んでいた20代とは違い、ウエストやヒップ周りが気になり、体系カバーもしたいところ。
落ち着いた色味として、ダークトーンを選びがちですが、結婚式はお祝いの場。華やかな印象を取り入れたいものです。
まずは、抑えておくのがお勧めのポイントを紹介したいと思います。



ドレスの色は何色?
多くの人がまず初めに悩むのが「何色のドレスを着ていくか」です。
結婚式のように、お祝いの席であれば、華やかな印象を与える色味が好まれ、ピンクや、ライトブルーがおすすめです。
一方で年齢を考えると黒などの落ち着いた色味が好まれることも多くあります。
そこで、40代女性におすすめしたいパーティードレスは、「ネイビー」のパーティードレス。



ネイビー


ネイビーカラーは通年を通して人気も高く、幅広い年齢層の方に着て頂ける万能ドレスなのです。
暗くなりすぎず、程良い明るさが、40代らしい落ち着いた大人な雰囲気も演出してくれます。
ネイビーといっても、色の深さが様々ですが、ベージュ系の小物や、アクセサリーをつけることで、
ワントーンアップしたパーティドレスコーデになります。




グリーン


周りと差を付けたいという方には、グリーンのドレスもおすすめ。
ブルーグリーンや、深めのグリーンは、40代女性に品をプラスしてくれ周りとも被りづらいので、オススメです!
少し明るめのグリーンでも、くすみ系の色味を選ぶと、大人な印象を与えてくれおしゃれ度もアップします。




中でも、ネイビードレスは季節を問わず着用できるので、1着あったら活躍してくれますが、
あまり機会が多くない人は、レンタルもおすすめです!
主流になりつつあるパーティードレスレンタルは、
年齢や、体型など変化があったときでも、その時にあう人気ドレスをレンタルすることが可能です。


体系カバーができるお勧めデザイン
二の腕やウエストが気になり始めた方は、是非ドレスのシルエットにも注意して選ぶのがいいでしょう。
ウエストマークのあるドレスや、タイトスリーブは長時間のパーティで窮屈に感じてしまう場合もあります。
ウエストがゴムになっているものや、フレアスリーブのドレスは、二の腕やウエストなどの気になるところをカバーしてくれる嬉しいデザイン!
披露宴から結婚式など長くなる場合でも安心です。
メリハリがなく見えてしまうようであれば、V字ネックや、ハイウエストのデザインにも注目してみて下さい。
スタイルアップ効果が期待できます。
注意するのは、露出しすぎないデザインにすること。
スカート丈の短いものや、過度に胸元が空いたデザイン、袖なしのドレスは避けるようにしてください。


華やかさを取り入れるポイント
40代となると、ピンクや、ライトブルーなどの明るい色味ではなく、ダークカラーを選ぶことが多くなりますが、
お祝いの場である結婚式では、華やかさも取り入れたいところ。
全体的に暗めの色でまとまってしまったときに、華やかさを入れるならバッグやアクセサリーがお勧め!
手軽にアクセントを加えることができます!
ダークトーンになってしまったドレスに、ベージュやグレーの小物が差し色になり、全体に程良い華やかさを加えてくれます。
華やかだと思い、ブランドロゴが大きく入ったようなバッグや、動物柄のバッグはNGです。
あくまでも、結婚式はフォーマルなお祝いの場です。
パールをあしらったアクセサリーや、サテンやシフォンを使ったバッグなどから
ベージュやグレー系の色を選ぶようにしましょう。

立場別で選ぶ!40代女性におすすめのパーティードレス




友人の結婚式に多く参加していた20代とは違い、
結婚式の参列も少なくなってくる40代。
機会があって参列することになったときには、恥ずかしくない服装で参列したいもの。
そこで注意したいのが、どういった立場で結婚式に参列するかということ。
親族の結婚式か、友人の結婚式なのかで、服装に気を付けると
40代女性らしい品とマナーをもって参列することができます。
立場別のおすすめドレスをご紹介させて頂きます。



【親族の結婚式】40代女性おすすめパーティードレス
親族での結婚式参列の場合、正装で参列するようにしましょう。
主役でなくても、親族の場合は、あくまでも主催者側です。
ゲスト側よりも目立つようなデザインや、色は避けるようにしましょう。



母親の服装


母親として結婚式に参列の場合は、正礼装が基本です。
和装であれば、黒留袖。洋装であれば、シンプルなデザインで、露出の少ないワンピースなどを選ぶと良いでしょう。
派手にならない服装が基本ですが、両家両親が、合わせるのがベストとされています。事前に和装か洋装か確認しておくのがよいでしょう。




姉妹の服装


姉妹として結婚式に参列の場合も、フォーマルなデザインのパーティードレスが好ましいですが、両親が和装であれば、和装であわせても問題ありません。
和装の場合は、既婚者なら黒留袖もしくは色留袖、未婚者は振袖とされていますが、40代女性として、振袖を着るには成人式のイメージもあり抵抗があると思います。
その場合は、色留袖でも構いません。
色留袖であれば、淡いピンクなどの女性らしい明るめの色味を取り入れてみると華やかさをプラスできるので、オススメです。
洋装の場合は、明るい色を取り入れすぎると、ゲストと変わらない印象に見えるので、
できるだけネイビーやグリーン、グレーなど落ち着いた色味を選ぶことをお勧めします。




叔母の服装


叔母として結婚式に参列する場合もフォーマル感を意識したパーティードレス選びをしましょう。
和装の場合は、やはり振袖には抵抗のある方は、色留袖がお勧めです。
洋装の場合は、膝が隠れるほどの丈感のものや、袖のあるデザインのパーティードレスを選ぶようにしましょう。
近年パンツドレスでの結婚式参列が見受けられるようになりましたが、女性のファッションとしては、スカートの方が正装となります。
親族での参列の場合は、パンツスタイルは避け、露出の少ないスカートタイプを選ぶのがおすすめです。





【職場関係の結婚式】40代女性おすすめパーティードレス

20代や30代、結婚式といえば友人の結婚式に参列する機会がほとんどでしたが、40代となると、職場関係での参列の機会が増えてきます。
友人の結婚式とは違い、普段仕事をする関係での立場もわきまえフォーマルな印象を与えられるような服装が好ましいです。
レースや、プリーツ、刺繍などのデザインがある華やかなドレスにジャケットできっちり感をプラスすることでフォーマルながら、
トレンドやこなれたお洒落を取り入れたメリハリコーデは40代女性だからといって地味になりすぎず、お祝いの場である結婚式の参列にピッタリです。




羽織物には、若々しく感じてしまうボレロや、パーティー中にずれてしまう可能性のあるショールではなく、ジャケットタイプがおすすめです。
露出も抑えられ、フォーマル感をプラスできるので、袖丈は5分丈や7分丈のように長めのものを選ぶようにしましょう。
華やかなポイントを入れいていくのはお勧めですが、過度に取り入れるのは、NGです。
程良い品の良さを保てるよう、メリハリをつけた服装にしましょう。


【友人の結婚式】40代女性おすすめパーティードレス

親族や、職場関係の結婚式の参列にくらべて友人の結婚式への参列であれば、少し華やかさをプラスしてもいいでしょう。
レースが施されたものや、少し明るめの色もいいかと思います。
明るめの色味のドレスでも、丈感が長いタイプのものや華奢なデザインは、大人な雰囲気を演出してくれます。
フォーマルを意識しすぎず、流行やトレンドなどを取り入れていくと、40代女性ならではのお洒落なコーディネートになります。


小物使いで、トーンダウンした服装に華やかさをプラス!




服装が一番気になる結婚式参列ですが、忘れてはいけないのが、バッグやシューズなどの小物アイテム!
いざ、パーティードレスを用意して安心していると、合わせるバッグがない!シューズが見当たらない!と当日に大慌てすることも。。
和装の場合でも、洋装の場合でも、普段使用しているバッグやシューズではマナー違反となる場合もあるので、注意しましょう!
地味になりがちな40代の結婚式コーデは、合わせる小物アイテムで、華やかさをプラスすることができます。
トータルコーディネートとして、40代らしい品のあるお呼ばれコーデに仕上げましょう。



小物の色味を合わせて、まとまりのあるドレスコーデに

小物アイテムをそろえるときは、2つ以上の小物の色味を合わせると、まとまった印象になるのでお勧めです。
ネイビーやグリーン、ブラックなど暗めの色味でまとまったパーティードレスコーデには、ベージュ系の小物を合わせると◎
ベージュは、女性らしい品と、柔らかい印象を与えてくれるので、暗くなりがちなコーデに合わせると、小物がコーデのポイントになります。
バッグをベージュにする場合は、パンプスもベージュタイプのものを選ぶと良いでしょう。
小物の色味を合わせるのが、難しい場合は、ドレスの一部の色と小物を合わせるのも、上級者のコーデ術です。
ドレスの一部にブラックを使ったコーデであれば、バッグをベージュにしたとしても、ブラックのパンプスを選ぶことで、全体のコーデがまとまった印象になります。



合わせるのはバッグとシューズだけじゃない!
小物アイテムの必須アイテムとなると、バッグや、シューズが思い浮かびますよね!
忘れてはいけないのは、アクセサリーです!
和装の場合は、首元がしまっているので、アクセサリーを付けないことが一般的ですが、洋装の場合はマナー的にもアクセサリーを付けた方がいいとされています。
華やかさもプラスできるので、ネックレスやイヤリングを合わせるといいでしょう。
合わせるネックレスとイヤリングは同じ系統のものを選ぶとバッグやシューズの色味を合わせるのと同じように、まとまった印象に仕上がります。
パール系のネックレスに、パールのイヤリングをつけたり、パールの色味をネックレスとイヤリングで合わせるのがおすすめです。
ネックレスとバッグの系統を合わせるのも◎
ビジューがあしらわれたバッグであれば、ビジューが入ったネックレスを合わせてもいいでしょう。
ですが、全体的に過度なものはNGです。
あくまでも、アクセサリーや小物は、華やかさを添えるもの。
主役より目立つようなものを見につけることの無いよう注意しましょう。


40代女性におすすめの小物アイテム
全体的にトーンダウンしてしまったからといって、大ぶりなネックレスや、存在感のあるバッグを選ぶのはNG。
小物アイテムは、持っているだけで華やかさや色味をプラスしてくれるアイテムです。
上品でエレガントかつフォーマルな雰囲気にまとめるなら華奢で小ぶりのものを中心とした、シンプルめなデザインがお勧めです。
小物ごとにおすすめのデザインを一部ご紹介します!



バッグ


全体にビジューがあしらわれたゴージャスなものや、
原色の色味は避けるようにしましょう。
おすすめは一部にパールやビジューがあしらわれたアクセントデザインになっているもの。
色味はブラック、ベージュ、シルバーなどが良いでしょう。




アクセサリー


一般的には、パールネックレスがいいとされています。
じゃらじゃらしたデザインは避け、一連、もしくは二連の
小ぶりなパールネックレスを選ぶとよいでしょう。
合わせるイヤリングは揺れるものはNG。シンプルなものを選ぶのが◎
大ぶりでなければ、ビジューがあしらわれたものでも、問題ございません。




シューズ


サンダルや、オープントゥなどつま先の空いたデザインはNG!
基本的には、パンプスを合わせるようにしましょう。
ベージュや、ブラックなどドレスになじみやすいシンプルなものを選ぶと良いでしょう。
ヒールはある程度あった方がまとまりがいいので、3㎝~7㎝程で用意するのがお勧めです。



40代だからこそお洒落に見える結婚式の上級お呼ばれドレスコーデ




40代女性が結婚式に参列する際に気を付けたいポイントは、参列する立場と、全体のバランスです。
立場に適した服装を選ぶ中で、シンプルなデザインの中にも、部分的にレースのデザインがあしらわれていたり、
ビジューを取り入れているものは、品のある女性らしい印象を与えることができます。
20代の全体的な華やかさではなく、さりげなく垣間見える品やお洒落をとりいれると
40代女性ならではのお洒落なパーティードレスコーデが実現します。


まとめ


年代によって、相応のパーティードレス選びをするには、トレンドや流行を取り入れるだけでなく、
年代に合った色味や小物使いをしていくことが必要になります。
40代は、親族での結婚式ともなれば、母親として参列することもあり、職場関係の結婚式であれば、上司にあたる場合もあります。
マナー違反のないよう服装選びをすることも勿論大事ですが、その中に、お洒落を取り入れられるとより、40代女性らしい大人で、お洒落なコーデにまとまると思います。
結婚式の参列もそう多くない機会です。
お呼ばれされたときには、是非お気に入りの素敵な服装で楽しんでください。






SITEMAP

特定商取引法に基づく表記

SHOPPING INFORMATION-ショッピングインフォメーション-

  • ◯お支払い方法

    お支払いはクレジット決済がご利用頂けます。

  • ◯配送について

    会員登録で送料無料!
    但し、会員様でも北海道・九州・沖縄・離島エリアへのお届けは、下記送料が発生します。
    ・会員:通常送料(往復)0円
    ・会員:遠方送料(往復)1,500円
    ・非会員:通常送料(往復)1,000円
    ・非会員:遠方送料(往復)2,500円

    お届け、またはご返却の片道が遠方エリアの場合は、下記送料が発生します。
    ・会員:遠方送料(片道)750円
    ・非会員:遠方送料(片道)1,750円

    【お届け・ご返却】
    ヤマト運輸での指定となります。
    ご返却の際は、最寄りのヤマト運輸営業所・お取り扱いのあるコンビニ・集荷依頼などでお出しください。

    ●ヤマト運輸より●
    12月は出荷量が通常期の2倍となりますため、配送状況により、ご希望の配達希望時間に沿うことが出来かねる場合がございます。予めご了承ください。

  • ◯ご返却について

    ご利用後はそのままの状態で、到着した箱に商品をまとめて発送をしてください。
    ※クリーニングは不要です。
    ※ご利用日翌日の午後2時(14:00)までに、お近くのヤマト運輸営業所又はお取り使いのあるコンビニにお持ち頂きご返却をお願いいたします。
    ※ご返却時間を14:00までと指定しておりますが、お手続き頂く営業所・コンビニによって最終集荷時間が異なる場合がございます。早めのお時間でお出し頂くか、事前に最終受付時間の確認をお願い致します。

  • ◯キャンセルについて

    ご注文キャンセル・内容変更に関しましては、お問い合わせフォームより必ずご連絡お願い致します。
    (注文番号・ご注文者名・内容を明記)

    【発送前キャンセル・商品変更の方】
    ご利用日の20日前まで無料。
    ご利用日より20日未満のキャンセル・変更に関しましては、1商品につき一律2,000円のみお客様負担となります。

    【発送後キャンセルの方】
    1商品につき一律2,000円のみお客様負担となります。
    商品到着日の翌日(ご利用日前)までに返送手続きをお願い致します。
    商品の状態チェック・メンテナンスに関しては細心の注意を払っておりますが、万一、商品に不備があった際は、お手数ですがご利用日前日までにご連絡をお願い致します。ご利用日を過ぎてからのご連絡ですと、キャンセル扱いとしてのご対応は出来かねます。予めご了承下さいませ。
    ※商品お届け日が当店定休日の場合、商品ご返送後、営業日にご連絡をお願い致します。

  • ◯遅延金について

    ご返却が遅れてしまいますと、延滞料金が発生致します。延滞料は1日につき商品レンタル代金の100%(全額)となります。

  • ◯破損・紛失について

    レンタル商品に大きな傷・破れなどで使用不可となってしまった場合、または商品を紛失してしまった場合は、下記の金額をご請求させて頂きます。
    ●ドレス(付属品も同様):一律3万円
    ●セットアイテム(バッグ・アクセサリー・ボレロなど):一律1万円
    それぞれ、1商品毎に破損・紛失料が発生致します。

  • ◯汚れについて

    レンタル商品を汚してしまった場合、通常クリーニングで落ちない汚れに関しましては、業者により、別途かかった費用をそのままご請求させて頂きます。

  • ◯お問い合わせ対応時間のご案内

    平日 11:00~18:00

    ※ネットでのご注文は24時間受け付けております。
    ※上記時間外のメールでのお問い合わせにつきましては、翌営業日以降のご連絡となります。予めご了承ください。